お知らせ

”マンション”リノベーション

2024年5月23日

”マンション”リノベーション

皆さんは”IROHA CRAFT”と言えば何を思い浮かべますか??

ぱっと思いつくのはやはり”リノベーション”だと思います。

新築工事や店舗工事なども勿論施工するのですが、我々でも1番の強みと自覚しているのがこれですね。

山梨県は全国トップレベルで空き家率が高く、その分リノベーション需要やこれからの可能性が十分にあるエリアだと考えます。都心と比較すると県内は木造戸建住宅の比率が高い印象ですね。

ちょうど昨日お引渡ししたのですが、鉄筋コンクリート造のマンション1室をリノベーションを工事しましたのでご紹介します!

これまでは木造住宅や店舗工事が大半でしたので、マンション専用部1室を丸々リノベするのは私の知る中では初めてだったのではないでしょうか。

鉄筋コンクリート造という構造上の制限やマンションという集合住宅ならではの制約がある中での工事で頭を悩ませる部分もありつつ、素敵な仕上がりとなりました。

□リビング/ダイニング/和室  before ⇒ after

最近弊社で標準施工としている3尺×6尺(90㎝×180㎝)のタモ突板貼り。

間接照明も新たに仕込みアクセントと天井高を高く見せる工夫を◎

□キッチン  before ⇒ after

対面キッチンの間仕切を解体して見通しの良いキッチンへ。

背面収納やLDK入口も雰囲気を一変しました。

□トイレ  before ⇒ after

年季の入ったトイレ室も既存を生かしつつ内装を一新!

トイレはお施主様お気に入りのTOTO ネオレストへ新規入れ替え。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

想像していた以上の雰囲気の仕上がりでマンションリノベーションの需要が高まるのではないでしょうか☺

施工事例も近々イロハクラフトHPへup予定です。お楽しみに!!

          ウエノ

御坂の家 OPEN HOUSE!

2024年5月19日

御坂の家 OPEN HOUSE!

2月19日に投稿いたしました「御坂の家、リノベ進行中!」の物件ですが、ついに!完成いたしました。

BEFORE

以前投稿した内容と見比べますと、全くもって別の姿になりました。最初からだと想像もつきません。やっぱりリノベーションってすごい。

外壁も新しくグレーに塗装し、雰囲気ある色合いに。既存の矢切、庇の木部をダークブラウンで統一しました。室内の方も、各部屋にお施主さまのこだわりたくさん詰まったお家となりました。

5月19日にはお施主さまからご協力をいただきOpen Houseが開催されました。完全予約制でしたが、沢山の方にご予約いただきました。

随時 Open House の方開催しておりますので、ご興味ある方、お待ちしております!

お引渡しの日まで残り少しですが、精一杯サポートさせていただきます!

飯島

港の見える街

2024年5月14日

港の見える街

今年のゴールデンウィークも終わりましたね。前半、後半とも天気に恵まれたかなと思います。

私は第2回になる「横浜国際映画祭」で観てみたい作品があったので、桜木町に出掛けました。去年から始まった映画祭ですが、規模も大きくなって華やかになった気がします。映画は想像していたよりも良い作品でハートフルで楽しかったです。

その後、桜木町から山下公園の方をブラブラしました。



この辺りは、みなとみらいの高層で新しい建物と昔からの建物があって、タイムスリップしたような感覚があります。

桜木町近辺はその昔、ペリーが来航した際に 島のように 外国人居留地が作られて区画されていたようです。外国人墓地があるのもそういった経緯があるのだなとわかりました。

「横浜開港資料館」に入って、歴史を少し知りました。(下の金属板は薩英戦争記念の銘板だそうです。)

鉄道開業の頃、新橋から桜木町が開通し、その後近代化された建物が多く建てられたようで、それが今も残っているのは 感慨深いし、歴史の重さを感じます。その時代の人はどんな服装をして、どんな物を食べていたのかと想像するだけでも楽しいです。

赤レンガ倉庫が見える港の風景です。海が見えたり、ベイブリッジが見えたり、開放的な雰囲気で横浜らしいです。たくさんの人であふれていました。

今回横浜を歩いて、昔からの歴史、建物が今も残っているというのはそこにしかない良さで、「歴史を感じる」ということを大事にしたいなと感じました。

横浜はトンカツ発祥の地ということで、ビールと一緒にカツレツを食べました!カラッと揚げてあり、ボリュームがあるのにペロッと食べられました。大満足です!

丸山

東京リノベーション巡り(横丁編)

2024年5月10日

東京リノベーション巡り(横丁編)

今月は千葉、長田に引き続き東京リノベーション巡り(横丁編)をお届けします。

今回の東京リノベーション巡りでは横丁ブームがきている東京のたくさんのネオ横丁も巡りました。
※みんなお酒大好きですが、すべてはしご酒したわけではありません。

①ほぼ新宿のれん街

千葉のブログでも紹介させてもらったこちらの横丁。
約5年振りに訪れましたが、見違えるほどの活気でした。
即興の流しのお兄さんと戯れながら楽しくはしご酒。
アメリカヤ横丁や駅周辺もまだまだ可能性を感じます。


②新宿カブキhall~歌舞伎横丁

国内最大級の超高層エンターテイメント複合ビル 歌舞伎町タワーの中にできた施設。宿まで歩いて帰り、チェックイン後におやすみ前の一杯。
さすがに平日の終電後の時間帯だったので、外国人客がチラホラという感じですが、外国人も喜びそうななエンターテイメント施設。


③龍乃都飲食街~新宿東口横丁

実はこの日のランチも別の横丁に立ち寄りました。
こちらの施設もカブキhallと同じ感じの雰囲気で、賑わっている時間帯にまた訪ねてみたいです。平日昼という事でやってるお店も少なかったですが、雰囲気は楽しめました。

というわけで1日で3軒も横丁巡りをしてきました。
訪ねた時間帯などあるかと思いますが、個人的には新宿のれん街みたいなレトロな雰囲気の中ではしご酒が好きです。

2日目に駅前再開発で話題の下北にも立ち寄りましたが、こちらにもありました。

次回はこんな感じのディープな横丁も行きたいです。

アメリカヤ横丁ができた時にはまだこんなになかったと思いますが、
横丁ブームというだけあって今回訪れた以外にもたくさんの新しい横丁ができているようです。
昔ながらの人情あふれるノスタルジックな雰囲気から若者が集まるようなネオ横丁と呼ばれるスタイルまで様々ですが、横丁が街に賑わいをもたらしているのは間違いないです。

アメリカヤ横丁もまだまだ可能性があると思うし、これからも街に愛され賑わいをもたらす事のできる横丁になればと思います。

今回のリノベ巡りも良い刺激をたっぷり受けてきました。
自分の中の引き出しもたくさん増やして、今後のイロハの仕事にもつなげていければと思います。

「深澤邸解体新書」続編はまた来月!
最後まで読んでいただきありがとうございました!

深澤

東京リノベーション巡り(後編)

2024年5月5日

東京リノベーション巡り(後編)

先日のリノベーション巡り後編として二日目に見学した様子をお届けします。

色々な場所を巡りましたのでいくつか印象的な場所をピックアップしてご紹介していきます!

①大橋会館
大橋会館は目黒区にあり、築48年の「大橋会館」をリノベーションし”地域の人や来街者とクリエイターの交差”を目指す拠点として2023年に開業した複合施設です。1階をカフェ・バー・レストラン、2〜3階をシェアオフィス、4〜5階ホテル、5階はプライベートサウナとしています。歴史を感じさせる趣ある建物でありながら、モダンなインテリアと融合、既存部分をしっかりと残しつつもリノベーションとのメリハリをつけたデザインでした。また、施設案内として英字新聞のような媒体があり、センスの良いアイディアでした。

②レインボー倉庫(池尻大橋)
こちらは池尻大橋に佇む複合的シェアスペース「レインボー倉庫」。アトリエや工房、オフィス、カフェなどが集まり、クリエイターたちが自由に活動する場となっています。築50年以上のマンションの地下スペースにあり、秘密基地のような空間は、コワーキングスペースとはまた違った、自由で開かれた独特な印象を受けました。入居者が好きにDIYなどもできるそうで、入居者同士のコミュニティが生まれるコンセプトでありながら地域にとっても開かれた場所となっていました。仕組みが面白く、アイディアを参考にしつつアメリカヤや韮崎でもこういった取り組みが実践できたら面白いなと個人的に感じました。

③SCHOOL BUS COFFEE STOP NAKAMEGURO

何気なく歩きながら昼食をとるために入ったカフェでしたが、細部まで拘ったデザインや照明、空間に衝撃を受けました。洗練された、これぞ東京のお洒落カフェといった感じ。ポイントでの収まりや照明の使い方など今後の設計などに取り入れていきたいと思います。

その他には世界的建築家の隈研吾設計のStarbucks(中目黒)にも行きました。山梨では見ることのできないスケール感の大きい建物、デザインで、私たちとは扱う規模が違いますがとても面白かったです。また帰り際には下北沢駅にも寄り再開発の進むエリアを散策しました。

リノベーション盛りだくさんの2日間でクタクタに疲れましたが、学びも刺激も多く、これらをしっかりと今後の仕事に活かして行きたいと思います!

オサダ


東京リノベーション巡り(前編)

2024年5月1日

東京リノベーション巡り(前編)

私たちイロハクラフトはインプットの時間をとても大切にしています。会社スタート当初から、首都圏の話題になっているリノベーションスポットを見学に出掛けては、みんなで勉強する時間を作っています。

しかし、この4年程はコロナ禍の影響もあってなかなか外から学ぶ時間を作ることができませんでした。コロナも緩和し、去る4月末の二日間、弊社設計プランニングチームで新宿、世田谷を中心にリノベーション巡りをしてきました。(工事チームの皆さん、お留守番ありがとうございました!)その中身をちょこっとだけご紹介します。

午前10時11分韮崎駅発あずさ16号で出発。駅のホームから見るアメリカヤと韮崎平和観音像が私の中での韮崎市の象徴です。

まず向かったのは、アップサイクルで新たな価値のものづくりに取り組む「日本エムテクス株式会社」のショールームです。卵の殻を再生した珪藻土や、デニムのパンツを再利用した左官材など、排出される端材の課題解決にも繋がる素晴らしいプロジェクトを紹介していただきました。実際に塗らせていただきましたが、これなら親子でチャレンジしても楽しい住まいづくりになりそうです。

次に向かったのはPACIFIC FURNITURE SERVICEが運営する、恵比寿の「PARTS CENTER」。何時間でも居られる大好きなお店で、現在複合施設にリノベーション中の「マイヅルビル」のタオルホルダーなどアクセサリー類を調達しました。

SHOP,PARTS CENTER | P.F.S. Online Shop (pfsonline.jp)

そして一日の〆はこちら、「ほぼ新宿のれん街」です。実はこの横丁は5年前アメリカヤ横丁をつくる際に視察、参考にした場所です。当時は何件かの古民家を改装して8店舗位が営業していた記憶ですが、この5年間で成長を続け、なんと古民家10棟と隣の巨大倉庫をリノベーションして今では20店舗も入居する、話題沸騰スポットになっています。アメリカヤ横丁ももっと駅前に広げていけるような気がしてワクワクしながら3件はしご酒しました。平日にもかかわらずほぼ満席。すごい人気ぶりでした。

ほぼ新宿のれん街公式サイト (hobo-shinjuku.com)

そしてこの日は新宿のゲストハウス「Book And Bed Tokyo」に宿泊。東京の中心ということもあり、利用客はほぼ外国人で様々な言語や香りが交錯していました。東京すごいなー!と思いつつ、やはり住むのも仕事も山梨がちょうど良いな~と確信しました。

新宿| BOOK AND BED TOKYO

翌日はリノベーションで話題のスポットになった複合施設を中心に見学しました。長くなってしまいましたので、翌日の様子は長田にバトンタッチしてご紹介します。

千葉

進化し続ける『黎明荘』

2024年4月27日

進化し続ける『黎明荘』

今回のブログは、御坂町にある黎明荘さん。この季節の御坂町は、桃のお花と菜の花が同時に咲き誇り、一面が黄色とピンクで埋め尽くされるのですが…。今回伺うのがちょっと遅かったです涙

黎明荘さんとは、最初にリノベーションのお話をいただいてから、もう7年のお付き合い。年末のブログにも書かせてもらいましたが、その間に何度もリノベーションのご依頼をいただき、研修所だったこの建物が、今では巷で人気のカフェへと生まれ変わり、さらに、客席の増床、敷地内の馬小屋をギャラリースペースへの改修、そしてこの春、宿泊もできるカフェへと。

常に進化し続ける黎明荘さんに、今回宿泊してきました!

久しぶりの黎明荘、落ち着いた佇まい。いつもと違って、今回はお客さまという立場でのお伺いに、なんだか少し緊張しました笑

隣のギャラリーで受付、こちらも良い雰囲気です!

今回の宿泊は、定期的に古民家ゲストハウスに泊まろうと、いつもお声がけいただいてるマニュアルズの笠井さんと、各方面の企業の経営者さんとご一緒に。異業者交流の場でもありますが、基本、私だけ平らな人間笑

ちなみにマニュアルズさんは、弊社のホームページ制作でお世話になってます。

そして、今回リノベした客室。家具やベッドが入り、安らぎの空間に。

廊下には沢山の素敵なコーヒーカップが並べられていて、好きなカップを選んで客室のコーヒーサービスに使って良いのです。選ぶのも楽しい~♡

そして夕食まで時間があったので、近所を散策。

こちらは星石、日本に一つしかない珍しい石。

そして、10分ほど歩いた先には、『リニアが見える丘公園』タイミングよければ行き会えるのですが...!

ちょうど見られましたー!かっちょいい~ これも日本でここ(山梨)だけですかね

みんなで夕食。この場所は、日中、カフェとして営業しています。

夕食はコース料理です。

新玉ねぎ丸ごとのスープ
スペアリブ
ランチでも人気の牛すじカレー 絶品

ほかにも、サラダ、デザート、さすが人気のカフェ!古民家の雰囲気とともに、最高の夕食時間でした。

そして笠井さんは、おやすみなさい。布団も気持ちよかった~

朝食はおいしいパンのサービス、うれしいですね

そして解散。もっとゆっくりしたかったのですが、皆さんお忙しく、ここからそれぞれ仕事へと。

本当に良い時間を過ごさせていただきました。最初に見た当時の様子を思い出し、構想から7年の間でここまで進化した黎明荘さんに凄いパワーをいただきました。

古き良きものを大切にしながら、思いのある人の手で新たな付加価値をプラスしていくことで、その魅力は無限大に広がり、それを感じた人たちがさらにこの場所を在るべき場所へと導いていく。

そんな黎明荘さんのこの先の進化、楽しみしかないですね🌸

皆様も是非~

KUBOSAWA

食事と喫茶 ボンシイク

2024年4月23日

食事と喫茶 ボンシイク

アメリカヤがOPENして早6年。今月上旬には6周年イベントを開催し、たくさんの方々にご来館いただき7年目を走り出しました。アメリカヤを中心に商店街にも様々な変化が起き、若者が集まる活気ある街へと常に進化している、と日々感じます。

そんなアメリカヤを一緒に盛り上げてくれた初期メンバー”食事と喫茶 ボンシイク”

先週末に韮崎での最後の営業を終え、アメリカヤを卒業しました。

アメリカヤ周辺は少し出ないと飲食店が無いこともあり、イロハクラフトでも社食感覚でいつもおいしいランチと気の休まる空間を提供してもらいました。一押しのハンバーグを始めカレーやパスタも全部おいしいので行く度に何を食べようかと贅沢な悩みを抱えていました笑

個人的にはここのナポリタンが世界一美味しいと思います!

6年もの間、アメリカヤの玄関口を担ってくれたことは、オーナーご夫婦でなければ任せられなかった大役だったかと思いつつ感謝の気持ちでいっぱいです。裕二さん、さちこさんお疲れさまでした!!

新たに1Fへ入居するオーナー様とも打合せを進めていますので乞うご期待!

ウエノ

目標へ向け

2024年4月19日

目標へ向け

イロハクラフトに入社して今年4月で丸2年が経過しました。僕自身、まだ、2年しか経っていないのか、、と思うほど日々濃密な時間を過ごしております。

(体感4年ぐらい在籍してる気がします) 

入社しての2年間ですが、様々な現場携わらせていただき、現在も多くの現場を担当させていただいております。

ほんの少しずつですが、現場監督として力を身につけています。

また、スキルアップの一環として、かつ私の目標としている二級建築士、一級建築施工管理技士の資格取得を目指しており、今年は、二級建築士を受験します。

建築には様々な決まり事、専門用語が多々ありまして覚えることがたくさんあります。参考書を手に取り、進めているのですが、頭がクラクラ、、、なんとか若いうちに頑張ります( ; ; )

良い報告ができるよう皆さん応援してください!

勉強再開します!ではまた!

飯島武蔵

桜の季節

2024年4月14日

桜の季節

近年、平年より早く咲く桜も、今年は3月が寒くて思ったより遅い開花でした。皆さんは桜を見に行かれましたか?

という私もいつもは近場で満足しているのですが、「高遠町(長野県)の桜が綺麗」というのがここ数年気になっていて、思い切って行ってきました。高遠町は長野県の南信にあり、数年前に伊那市と合併したそうです。

高遠城址公園を目指して行くのですが、途中の道がすごく渋滞すると聞いていたのでバイクで行きました。

茅野市から南下して山道を進むのですが、山あいの風景が多分ずっと昔から変わらないんだろうなと思うような懐かしい風景で心が和みました。

高遠町に着くとやはり渋滞、混雑していて、お昼ごろ着いた私は桜より先に目当ての「高遠そば」を食べることにしました。ここでも混雑していて1時間近く待ちました。

十割そばがあったので迷わずそれを!蕎麦の風味がよく、歯ごたえもいい美味しいお蕎麦でした。くるみが入った汁と大根おろしと味噌を溶いた汁で食べます。どちらも美味しかったけど、そば自体の味も感じる大根おろしの方が好きでした。なかなか十割を食べることがないので満たされましたね。

高遠の町は高遠城の城下町だったそうで古い建物がそのまま残っているところも多く、落ち着いた街並みでした。地元の酒蔵の日本酒や高遠まんじゅうを買ったりと♪

高遠城址公園は公園の周りも公園内も桜いっぱいで圧巻です。遠くには中央アルプスが見えたりと山々が近くにあって、自然の良さを感じることが出来ました。

桜って、パワーをもらえますよね。新年度に合わせて咲くこともあって、お正月じゃないけれど毎年桜が見れることの感謝と、これから一年頑張ろう、という気持ちになります。

こちらは会社近くのワニ塚の桜で1週間くらい前の様子です。毎年見に行くんですが今年も立派に、綺麗に咲いていました。

新しい年度の季節、新入生、新社会人だった時の自分を思い出して、気持ちを新たに頑張っていきたいです。

丸山

Archives: